読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょーたろーの日常あれこれ

とある田舎の大学生の日常の気づきや趣味についてのブログです!

高齢者の交通事故増加について

雑記

どうも、ウィスキーで一杯やっておりますしょーたろーです。

 

最近、高齢者による自動車事故が増えています。ほぼ毎日報道されてますよね。

 

被害に遭われた方、亡くなられた方、そしてその家族の方々、本当に気の毒に思います。

 

そんな状況を踏まえて、世間では高齢者の運転免許を早く取り上げろ、との意見が多く出ています。

確かに歳とともに体力(視力や運動能力など)や判断力は衰え、事故を起こしてしまう確率は格段にあがってしまいます。

なので、他の人を傷つけないため、そして自身の身を守るためにも自動車の運転を控えるのが得策といえるでしょう。

 

しかし、そんなことは、ご本人達が一番わかっているのではないでしょうか。

中にはそれらのことを自覚せず(あるいは自覚したがらず)運転を続ける人もいるかもしれませんが、多くの人は、必要に迫られて運転を続けていると言えるのではないでしょうか。

 

僕は地方の田舎に住んでいるのですが、やはり高齢者の移動手段として、自動車は必要不可欠であると考えられます。

 

駅までは三キロ以上離れていて、その間のバスは二時間に一本。

駅にいったら行ったで汽車も通勤通学の時間以外は一時間に一本。

こんな環境で病院に行ったり買い物に行ったり…

どう考えても自動車は必要かと思います。

 

高齢者による自動車事故が増えたから運動免許を取り上げて運転させないようにしよう、というのは実に短絡的な考えなのではないでしょうか。

 

運転せざるを得ない状況に置かれている高齢者がいる、この事が一番の問題であると僕は考えます。

 

亡くなられた方がいらっしゃる中でこのようなことは言いにくいのかもしれませんが、根本的な解決を望むなら、そしてこれ以上の犠牲を増やさないことを望むなら、高齢者の方々が、自動車を運転せずに済むような方策を考え、そしてそれを実現していくことが必要なのではないでしょうか。(このような事もバリアフリーの1つだと思います。)

 

何はともあれ、亡くなられた方の冥福を祈るとともに、皆が豊かな生活を送れる日が来ることを祈りたいと思います。

 

今回はこの辺で。また次回の更新をお楽しみに(^-^)/

 
f:id:tonshotaro:20161204003309j:image

※以上の内容はあくまで個人の考えです。