しょーたろーの日常あれこれ

とある田舎の大学生の日常の気づきや趣味についてのブログです!

世の中への不満ってどうすれば?

この土日もバイトに明け暮れておりました、しょーたろーでございます\(__)

やっぱり夏休みですね…忙しい!

ほんとは今すぐレポートに取り掛からないといけないのですが…明日から本気だします(笑)

さて、突然ですが皆さんは、こんな世の中嫌だ…なんて感じたことはありませんか?

恐らく、多くの人が感じているのではないでしょうか。

いつか、こんな世の中を変えてやる!、誰かこんな世の中を変えてくれないだろうか…なんて考えたりもしているのではないでしょうか。

少なくとも僕はそんな風に考えてます。

そして最近は、うーむ、どうすればこんな世の中を変えられるんだろうか。なーんてことも考えたりしてるわけです。

それでちょっと考えた結果、あぁ、自分が変われば良いんだ、という結論に至りました。

そもそも世の中に不満を持つということは、何かしら「理想の世の中の形」というものが在るからなのではないでしょうか。

しかしながらその「理想の世の中の形」というものは、性格や価値観の違い、あるいは性別や周りの環境等によって人それぞれ異なるものであるでしょう。

例えば、ある人にとっての「理想の世の中の形」は別の人にとっては「変えたい世の中」であるでしょうし、その逆もまた然りなのです。

つまり、万人が世の中を変えたい、と考えずに済む「世の中」の実現は、極めて困難であり、実現不可能と言っても過言ではないということです。

そして人々が世の中に対する不満を行動に移さず生活をしているのは、諦めているから、または妥協しているからなのではないでしょうか。

しかし不満はたまっていくものであり、また絶えるものでもありません。

いったいどうすればいいのか…そう、自分が変わればいいのではないでしょうか。

自分の「理想の世の中の形」の、その理想の部分を変える、もう少しわかりやすく言えば、自分の価値観や考え方を変えるということです。

自分の価値観を変えることも非常に難しいことではありますが、上記のように考えてみると、「理想の世の中の形」を追い求めるよりかは、遥かに楽でしょう。

そんなものは自己満足に過ぎない、結果的には何も変わっていない、と思われる方もいるでしょう。

しかし、世間の人々の多くが言う「世の中」とは自分の中の「世の中」であり、「理想の世の中の形」が実現されたとしても、それこそ自己満足でしかないわけです。

どのみち自己満足という結果になるのであれば、中々思い通りに変わってくれない世の中が変わってくれるのをイライラしながら待つより、自分が今の「世の中」こそ「理想の形だ」、と感じられるように変わった方がいいのではないでしょうか。


会見で号泣しながら、世の中を…変えたいっなんて言っても何も変わりませんからね。

じゃあ自分の価値観や考え方ってどうすれば変えられるんだよと聞かれたらうまく答えられませんが…

ふむ、これについてはまた考えていきたいと思います!

何はともあれ、一度きりの人生です。不満を抱えて過ごすより、なるべく楽しく生きたいですよね。

そんなことを考えてる僕の、大きな大きな独り言でした。

ではまた、次回の更新で!

※上記の内容はあくまで僕個人の考えです。他者の人生観や考え方を否定する意図は一切ありません。悪しからず。

f:id:tonshotaro:20160725022336j:image